【画面収録】iPhoneの画面を録画する最も簡単な方法!【PC不要】

iOS11で新たに追加された「画面収録」という機能を使用して、PCを使用せずにiPhoneの画面を録画する方法を解説します。

画面収録を活用することで、簡単にiPhoneの画面録画が可能となり、個人的にはかなり嬉しいです。これまではPCのQuickTime Playerなどを使用する必要があり面倒でしたよね。

僕のようにブログやサイトにiPhoneの操作動画を載せている方にとっては嬉しい機能だと思いますので、そんな方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

画面収録とは

画面収録とは、iPhoneなど(iOS端末)での画面録画機能です。iOS11から新たに追加された機能です。

これまでは、iPhoneで画面録画をするためにはミラーリングなどをする必要があったため、複数の端末が必要でした。しかし、画面収録機能により、iPhone単体で簡単に画面録画ができるようになったのです。

こちらは実際に画面収録機能を利用して録画した動画です。もしよければご覧ください。

画面収録の使い方

事前準備

画面収録機能を利用するためには、画面収録機能をコントロールセンターに追加する必要があるので、まずはその設定をします。

設定アプリを開き、「コントロールセンター」を選択し、次の画面で「コントロールをカスタマイズ」を選択します。

カスタマイズ画面を下にスクロールすると、「画面収録」という項目があるので選択し、コントロールセンターに追加します。

追加すると、「含める」のほうに「画面収録」が追加されます。

画面収録を使う

では、画面収録機能を活用して、iPhoneの画面を録画してみましょう。

iPhoneの画面下部から上にスワイプし、コントロールセンターを開きます。

コントロールセンターを開くと、先ほど追加した画面収録機能があります。

そのままタップすると、すぐに3秒後にすぐに画面収録が開始します。

画面収録が開始すると、画面上部に赤いバーが表示されます。赤いバーをタップすると画面収録を停止するための表示が出現し、画面収録を停止できます。

画面収録を停止すると、画面上部に「画面収録ビデオを“写真”に保存済み」と表示され、写真アプリに録画したビデオ(動画)が保存されます。

ポイント1. 音声のオン/オフの切替も可能

ちなみに、画面収録をする際に、画面収録ボタンを3D Touchで強く押し込むことで、拡張表示が出現します。

拡張表示からでも画面収録が行えるのはもちろん、マイクオーディオのオン/オフの切り替えも可能です。

マイクオーディオをオンにすることで、自分の声などを入れたりすることも可能です。

ポイント2. 画面収録ボタンの位置の変更も可能

また、コントロールセンターのカスタマイズ設定画面にて「画面収録」を移動することにより、コントロールセンターでの画面収録ボタンの位置を変更することが可能です。

例えばこのように変更すると…

このように画面収録ボタンの位置が変更されます。

最後に

今回の記事をご覧いただいて、画面収録機能の便利さがお分かりいただけたかと思います。かなり便利な機能なので、ぜひご活用ください。

KoSkywalker

もし「ここをもう少し詳しく教えて!」「ここ間違ってますよ!」などありましたら、ページ下のコメント欄からお気軽にお送りください。

もちろん、感想などちょっとしたことでも、お送りいただけるととても嬉しいのでお待ちしてます!

ABOUTこの記事をかいた人

主に、WordPress、SEO、CSS、面白そうなWEBサービスについて発信しています。また、プライベートの話として、チャレンジしたり、購入してみたり、行ってみたり…。実際に体験したこともお届けします!どうぞ楽しんでいってください!SNSフォローもよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です