【LINE】年齢確認の方法と年齢確認できないときの対処法

LINEでの年齢確認をする意味、年齢確認の方法、年齢確認ができないときの対処法を解説します。

LINEの年齢確認作業は、あっちに行ったりこっちに行ったりと複雑で工数も多く、慣れていないとちょっと複雑で面倒な作業ですよね。

今回は、LINEの年齢確認の方法を、手順を一つひとつ踏みながら解説します。また、年齢確認ができないときの対処法も解説します。

LINEの年齢確認でお困りの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

年齢確認によりできること

年齢確認をすることで、以下のことが可能になります。

  • 「LINE ID」での他のユーザーの検索
  • 他のユーザーによる「LINE ID」でのあなたのアカウントの検索
補足

18歳未満の場合は年齢確認を行ったとしても上記のことはできません。つまり、18歳未満の方は年齢確認を行う意味はありません。

年齢確認の方法

LINEの設定画面を開き、「年齢確認」を選択します。

「年齢確認結果」という部分をタップすると、「年齢確認を行いますか?」という確認表示が出るので、「年齢確認」をタップしましょう。

各キャリアの公式ページに飛ぶので、指示に従って進めていきましょう。
* ここでは、auでの手順を解説しますが、他のキャリアでも大体同じなので参考にしてみてください。

公式ページに飛んだら、キャリアのアカウントにログインします。2段階認証を設定している場合は、SMSが送られます。

送られたSMSを確認し、その中の認証リンクをタップします。

ブラウザアプリ(SafariやChromeなど)で認証画面が表示されるので、「許可する」を選択します。

そしてLINEアプリに戻ると、au契約時に決めた暗証番号(4桁の数字)を入力する画面が表示されます。暗証番号を入力し、「同意する」をタップします。

以上で年齢確認の完了です。

年齢確認ができないときの対処法

年齢確認ができないのには、以下の2つのケースが考えられます。

  • 格安SIMを利用している
  • キャリアに端末の利用者情報が登録されていない

ケース1. 格安SIMを利用している

格安SIMを利用している場合、契約している事業者によっては年齢確認が行えない場合があるようです。(というより、年齢確認を行えない事業者のほうが多いです。)

もし格安SIMを利用しており、年齢確認が行えない場合は、LINEでの年齢確認ができるかどうかを契約している事業者に問い合わせてみると良いですね。

ケース2. キャリアに端末の利用者情報が登録されていない

可能性は稀ですが、契約しているキャリアに端末の利用者情報というものが登録されていない場合があり、この場合はLINEでの年齢確認が行なえません。

au、docomo、SoftBankのどれかと契約しており、年齢確認が行えない場合は、契約しているキャリアに問い合わせてみましょう。

最後に

LINEでの年齢確認は無事に完了しましたか?年齢確認は必須ではありませんが、アカウントのID検索を利用する場合はぜひ設定しておきましょうね。

KoSkywalker

もし「ここをもう少し詳しく教えて!」「ここ間違ってますよ!」などありましたら、ページ下のコメント欄からお気軽にお送りください。

もちろん、感想などちょっとしたことでも、お送りいただけるととても嬉しいのでお待ちしてます!

ABOUTこの記事をかいた人

主に、WordPress、SEO、CSS、面白そうなWEBサービスについて発信しています。また、プライベートの話として、チャレンジしたり、購入してみたり、行ってみたり…。実際に体験したこともお届けします!どうぞ楽しんでいってください!SNSフォローもよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です